コーヒーの祭典SCAJ・JBCを見てきました。

 東京ビッグサイトで行われた、SCAJ2012・JBC2012を見てきました。

コーヒーに関連する様々な企業や生産国、団体のブースが出展されていて、新商品を触ってみたり、たくさんの試飲が出来ました。

 世界トップレベルの、コンテスト受賞コーヒーや有名農園のコーヒー、エスプレッソもトップバリスタの淹れたのを飲みましたが、どれも素晴らしく美味しいのですが、驚くほどのコーヒーではありませんでした。それは、世界のトップのレベルが下がったのではなく、日頃から、レベルの高いものに慣れ親しんでいるから、驚かなかったのではないかと、解釈しています。JBCに関しても、少し違和感をかんじました。

それぞれ目指すものがありますが、僕には僕のスタイルで美味しいコーヒーを紹介し続けられたらいいなぁと思います。

 写真は126ブレンドにも使用中のエル・ポルベニール農園主のセルジオさん、彼も努力家で他の農園ではやらないようなチャレンジを続けています。

高品質で美味しいコーヒーを自分らしく紹介するため、生産地や農園のことも勉強して行こうと思います。